スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さむいさむ

近頃さむいですねー
とてもさむいので家の中でどんな服装で過ごそうかと毎年悩みます
とくに自分の体温調節機能の故障のせいで汗のにじむ苦労をしています

不思議なことにさむいのにわきあせが出てきます
そして末端冷え性で自分の身体がさむいのかあついのかよくわかりません

原因は地球温暖化か熱帯雨林性気候での生活による汗腺の発達のどっちかだろうな絶対
試行錯誤のうえ一番快適に過ごせる服装はどうやら、靴下+タンクトップ+パーカが最強でした
でも、これでも敵わないのでぼくは地球温暖化阻止のため暖房はつけません絶対!

ワークショップも予算ぎりぎりでがんばりましょーー


竹内
スポンサーサイト

カナルにて

いやー、みんなすごいね!
ちゃんと作ってるねー!

さて今日は、カツカレーを食べました。
カレーにカツを組み合わせるという、
おいしいものにおいしいものを組み合わせたらすごくおいしいものができるはずだ!
的な安易な発想。許せないよね。

しかしおいしいんですよね。おいしければいいんだ。

ただ一つ問題があって、あのカツをスプーンで取って食べるという行為。
カツのサイズ的にスプーンには入りきらないのでどうしても不自然だよね。
カツカレーを鮮やかに食べるには、何らかの工夫がいると思うんだ。たぶん。

まあそんな感じで、
今日のWSは楽しかったよね!
楽しければいいんだ!!


いまいで

どーもカネモリです。


今日は天気が良く、おかげで布団がほせましたよ◎

さてと・・・

これからいろんな課題の提出期間が迫ってきて
いよいよ明日はworkshopも中間(?)提出となりましたが
昨日今日と製図室にいってみると
一年生たちがworkshopのために集まって話し合いったり、作業してましたよ♪

いやぁ~がんばってましたね!!


…がしかし!!
班によっては危機状態っていう話もちらほらあるかないか…

がんばりましょう!!

がんばります!!

制作/兼森

ん~

え~と。

針貝です。
小学校やら何やら設計の提出日も、差し迫り、
いつも通り「ヤバイ」が口癖となってきた今日この頃。

未だにエスキスには、1度しか出てないという
快挙。

ヤバイ

ヤバイ…

意地でも出します。

何かしら。

そんな事はどうでも良いとして、
いよいよワークショップも後半戦に差し掛かって来ましたね~。

成功するか、しないかは、今後の気合次第!!

という事でさようなら。笑

しる

将来の夢は「夢を持つこと」。

副代表の草間です。

とりあえず、以前出題した問題の模範解答を書きます。
問1 Ans.「ウソ」です。
問2 Ans.「あなたは、この質問にイエスと答えますか?」
以上です。この解説については割愛させていただきます。

さて、最近思う所があって「一日一著」制度を己に課しているワタクシですが、様々な種類の文章を書いていると、或る事を感じるんです。

それは 「日本語って難しいな」 という事です。
特に 「言い方」 に関してではなく、 「書き方」 に関して。

例えば、 「しる(know)」 という動詞を、漢字で如何に表記するのか。という事で、多くの場合には 「知る」 と表記すると思うのですが、これを 「識る」 と記す場合もあるんです。

この両者には多少意味上の差異があり、例えば飼い犬を見て「これは犬だ」というのが 「知る」 であり、「これは私の飼い犬だ」というのが 「識る」 という事だそうです。

他にも、「きみ」「キミ」「君」という文字の分類の選択であったり、「今」「現在(いま)」という振り仮名による違いであったり・・・。

口頭上では一緒に思えても、文章上では全く変化するという「文字」の扱いは非常に繊細なコトであり、そういった 「文章のディテール」 にこそ筆者の細やかな意図が表れてくるのではないかと思います。

最後にミースの名言をひとつ、
「God is in the details. (神は細部に宿る。)」

以上。

本を食べる

交渉のまつしたです。皆さんお疲れさま◎


最近、気持ちなんちゃって料理人です。
チャーハンも作れない僕が、ビストロ・レイバン越えるべく
レベル上げにやっきです。


今週の新入りアイテムは、ピーマン(赤・緑)と水菜です。
新しいワザとして、キャベツの千切りを習得しました。


料理本を買い、器を購入し、るんるん気分で料理し、
食べて、あまりの酷さに残念な気持ちになり皿を洗ってます。


こいつ幸せなヤツだな、って思うかもしれないけど
衣食住の食だし、3第欲求の1つだし、幸福は“口福”とも言うという
とか理屈をコネコネして遊んでます。


建築の話に繋げると、隈さんがよく建築の粒子化の例で
中華料理の具材の切り方をするけど、非常に秀逸な比喩だと思います。


具材の切り方で料理の見栄えも変わるし、それは味とか、振る舞いにも大きく関わると。
隈さんは、物書きとして、軽いという批判はあるけど、聞いててタイムリーだしキャッチーです。


あと、高安さんの事務所の料理がうまそうです。パスタ食い過ぎ。
そう言えば、去年のTAの小出さんが就職してました。


な感じで、本関係ないですが、まぁ要するに
課題も頑張ろうと言うことです。がんばれ、俺等。



交渉/まつした






ほんとちゃんびーとのどあめ

こんばんは~、どうも秋山です。

まずは2年生提出お疲れ様ですm(_ _)m!!

久々に提出間際の人の焦り、必死さ、スピード感を見て、伝わってきました。。。
あれが2週間後自分にやってくると思うと・・・萎えました 笑

明日は、解放されて放心状態で、
「正直もうカッターもスチボも使いたくない!切りたくない!見たくもない!あっちいけ!」
って心底思うかもしれないけど、残酷ながら製作の第一期提出が来週に迫ってるので、気持ち切り替えて、楽しくものづくりして欲しいなーって思います○

■会計から製作の人へのお知らせ

去年、一昨年の各班の製作費用を調べたところ、1班1~3万程度でした。
しかし、今年は6班あり、しかも製作が2度もあるので、なるべくローコストでお願いしますm(_ _)m
¥5000ほどでやってもらえるとあり難いです 笑
貧乏workshopでゴメンなさい。
それでもworkshop関連で何かを買った場合はレシートとっておいてもらえれば、だいたいは後々でも返しますので、できるだけレシートか領収書もらっておいてくださいね○


■そういえば、今日は全米で大ヒットしたチャンビーという商品の日本上陸の日みたいですね!

詳しくはコチラ↓
http://www.chumby.jp/

見た目はおもちゃみたいなんですが、一応ちゃんとした小型情報端末らしくて、世界中の色んな情報や映像を設定とかで気分(?)に合わせて流してくれるみたいですよー

今まで人が能動的に情報端末を使って情報を得ていたのと違って、受動的に情報を得られるみたいです。
情報を浴びるというような表現が合ってるかもしれません。。。TVに近いのかな??

とはいえ、情報を扱う点/受動的に情報を得るという点で新たな本のライバル(?)出現かもしれません。。。
本もそれ自体にメッセージやら存在感で訴えかけるものがあると思うので


■長くなりましたが、今はちょうど季節の変わり目。
自分はさっそくかかりましたが、風邪に気をつけましょう○

ちなみに最近よく思うのが、のどあめって何なんでしょう?普通の飴と何か違うんですか?
のどがすーっとするのがのど飴と言う人いますが、じゃあFRISKはのどあめ??のど菓子??
ちなみに自分は天童よしみのVC-3000のどあめなめてますが、ぜんぜんスーッとしません。。。
てか、すぐに噛みます。我慢できないんですね。ガリガリガリガリ

やっぱトローチが最強なんでしょうか~?



すこし話それましたが、あと一ヶ月頑張りましょう!!


本とWorkShopとトイレ

こんにちは。しゅうです。

今日はWorkShopの話しと、世間話と、2つ話したいと思います。

では一つ目。WorkShopの状況です。

■当日WorkShopのテーマが決まりました。

■そして、セミナーハウスが使えない事になったので快適な仮眠室作成が作成が必須になりました。

■NightPartyの食事のめどがつきそうです。


そんなこんなで着々と歩んでるなと思うこのごろです。

とにもかくにも、参加した人達の心に残るような楽しいものになるといいなと思います。


なーんてしみじみ書いてしまいましたが。

話しを飛ばすと、

二つ目の世間話。

この前バイト先で盛り上がった話しで。

『本屋に行くとトイレが近くなる。』

です。
こういう人結構いるんですよね。
ちなみに私は満喫が好きで、ストレス解消にたまに一人で行きますが、マンガ臭?的なものを嗅ぐとトイレが近くなります。

しかし、これには理由があるらしく、

『本屋とかの本棚が作り出す狭い空間が圧迫感を与えるために緊張し、腸の動きが活発になる。』

そうです。

この話しだと臭いには触れてないのですが、私の回りには臭いのせいだと言ってる人も結構いるので、臭いにも原因がある気がします。

絶対にあるはず!

なので、臭いについて何か情報を持ってるかたは教えてください。

待ってます。

すみません!!

ブログを遅らせました...切腹します。

この前の初見研飲みにいた人はわかると
思いますが、教養と知性は何が違うのでしょうか?

知性欲しいですー。。
教養を付けたらつくんですか...??
うう。。鬱ですよ。
グッダグダですv

とにかく貪る様に本を読んでいます。
とりあえずボロクソに云われて悔しいので!!

ええ負けず嫌いですよ!何が悪いんだ
コノヤロー。

そして皆でいいもん作って松田さんに
認めていただきましょう♫

がんばりましょう!!

制作.広報/向井

夜のミッキーマウス

こんにちわ。日曜日っていいですね。


僕は齊藤であって、斉藤、齋藤、斎藤、ではないんです

中には「齊藤です。」と言うと、「え?眉毛?」
意味がわかりません







はい。パクリのパクリです。
てかID知らないのにブログを書かせるの酷いですw

まー書きますよ。僕、真面目ですから。
僕がワークショップに参加して(させら。。。)から1ヶ月。
結構楽しんでやってます。

昨日今日と実家(山梨)に帰っていました。
親が図書館の館長なので実家には「本」が山のようにあります。
そのほとんどまだ読んだ事がありません。

これは「本」読まないと!

てっことで昨日の夜中、一冊読んできました。時間もあまりなかったので詩集で。

「夜のミッキー・マウス」谷川俊太郎

昔から谷川さんの詩は大好きでよく読んでいたのですが、この「夜のミッキー・マウス」という詩集は最高傑作。
ミッキーマウスやドナルド、プルート。
普段、子供たちに夢を与えている彼らはきっと幸福の象徴。それを僕たちの日常の哀しさ、儚さに上手く落とし込んでいる詩です。

難しい本を読むのもいいですがたまにはこんな深く自分と向き合える本も必要かな。
気になった人は読んでみてくださいね。



話は変わってワークショップで僕は展示という役職な訳ですが。
展示の勉強のために、今日吉岡徳仁のセカンドネイチャー展に行って参りやした。

感想は...

見てからのお楽しみと言うことで。


是非見に行ってみてください。

http://www.2121designsight.jp/schedule/second_nature/outline.html


展示/齊藤

夢をみること本をよむこと

こんにちわ。土曜日っていいですね。


僕は横前であって、横山、横井、横助、ではないんです

中には「横前です。」と言うと、「え?眉毛?」
意味がわかりません







はい。パクリです。

書くネタがないんです。

僕は今日一日寝てました。

ここ一週間の疲れをいやすように、

精一杯寝てました。

夢を沢山見ましたがここでは言えないようなことばっかりなんです。



よく見る夢の話をします。

侍に追いかけられます。

すごい逃げます。

田んぼや畑や民家の中を通って、

ひたすら逃げます。

あまりにもしつこいので、

夢のなかでもさすがに疲れてしまいます。

もう走れないと思って、

側溝(道の端っこにある深さ2~30センチのみぞ)

にはまって隠れます。

当然見つかります。

「とどめだ」と言われ、

刀を天高く振りかざされ、振り下ろされます。

その瞬間

カキーーン!

刀が金属らしい何かに当たり、

僕は振り返り上を見上げます。

そこには勇ましい顔立ちの妹がいます。

刀を持って僕を助けてくれてます。

そこで夢が終わるんです。



とにかく謎です。

妹は僕にとっての救世主なのでしょうか。



個人的に本を読むことと、夢を見ることの感覚が非常に似ていると思います。

本や夢の中の世界では、僕はそらを飛んでいます。

もっとわかりやすくいうと幽体離脱したような感覚です。

刀で切られる自分の視点と、それを上空から見ているもう一人の自分がいます。

本の中に世界があったとき、そうなります。

本を読みあさってる人は、そうじゃないって人もいるかもしれない。

主人公の視点でのみ、本の世界を楽しむ人もいるでしょう。

本ってすごく深いような気がします。(夢も)





はい、あと僕たち建築学生は本を読まない。って言われてます。

みんな言ってます。

僕も読んでません。

テーマも本を読まなくてはという本能的な危機感からも出て来たのではないでしょうか。

ワークショップにおいて「つくる」ことはとても大事なことですが、

この機会に「読む」こともしたいと思ってます。個人的に。

だから皆さん、ぼくと一緒に本を読み始めましょう。


長々とすいませんでした。





副代表/横前

がんばれ2年生☆

今日もお疲れ様でした!!
広報の長屋です。
今日のワークショップどうだったでしょうか?

今日は2年生の課題提出一週間前ということで、いつもよりも2年生の数が少なかったかな、、と感じましたが、来てくれた2年生と1年生は今日も気合十分といった感じで話し合いを進めていてくれました。

今日の終わりには各班の話合ったことを簡単にプレゼンしてもらいました。それを聞いていると、この短い期間にもかかわらず、後の残りの期間でちゃんと制作が進められそうなぐらいに話が進んでいる班がたくさんあったことに驚きでした。

すごい!!!


2年生はあと一週間で提出ですが自分の作品を愛せるように精一杯がんばってほしいです。

それが終わってからまた一週間後にはWORKSHOP第一期の提出&講評会が控えています。そこでも課題で見せる土壇場のガッツを僕は期待してますよー。

あと2週間がんばってのりきろー!!


P.S
3年生も設計課題2つとも提出迫っていますが後輩に負けないようにがんばりましょう☆

篠原模型

1年生がそろそろ篠原模型に入るそうですwww

あれで初めて模型で徹夜したなーなんて思いつつ、私も作った「地の家」を薦めておきました♪
あれもあれで楽しかったなー☆☆

ワークショップに関するネタがないので日記みたいに書いちゃいます☆

続きを読む

試合も忘れ…話し合った…

みなさんお疲れ様です!

イベント班の宮内です。
みおに続き日本語って本当に難しいですね!私は敬語だけじゃなく日本語全般的にやばいので変なとこあったらごめんなさい!そういうとこはどんどんつこっんでくださぃ、勉強になるので

ではでは今日のワークショップの流れ~

今日は2年生が明日に最終エスキスを控えているということでワークショップはいつもより参加人数が少なかったのですが笑い声や拍手も聞こえ、みんな楽しく取り組んでいるように見えました!

それに手を動かして作業をしている人達もいて例年より早い段階にそういう様子が見えてすごく嬉しかったです!製作のみなさんお疲れ様です!

今日は企画の話し合いでは当日ワークショップの話し合いの続きを行いました。内容というよりはタイムスケジュールや宿泊先、食事などすぐ決められるとこをせめて行きました。
今日は話し合いにすごく集中してしまい今日はサッカーの試合があったことすら忘れていました
引き分け…かぁ~…笑
残念なことに次もそのまた次の試合も水曜日なので私達ワークショップPEOPLEは見れませんがそんなサッカー熱に負けずにワークショップもガンガン盛り上げていきましょう

イベント班としては今週の土曜日に工学部の照明サークルのAIRの代表の方と初顔合わせの予定です。

ちょっとグダグタ話し過ぎたかな。
以上で~す
ではおやすみなさぃ

10月14日(火) 晴のち雨

交渉担当の佐藤です。

日本語って難しいですね。とくに敬語。
今回、講評会講師の依頼をするための文書を作成し、痛感・・・。


大学受験のためにあんなに勉強したのに~

ただ、「24日暇ですか?私たちの制作を見に来てくれませんか?」って
言いたいだけなのに~


でも
これでもしOKもらえたら嬉しいでしょう♪





ところで。
夏休み明け、沖縄から帰ってきて空港に降り立った瞬間から感じていた存在・・
鼻炎者の天敵、花粉である。

あんまり知られていないけど、今は秋の雑草系からの花粉が飛んでるんです。
ヨモギとかブタクサとか・・沖縄には花粉はないんだって。



目はカユイわ充血はするわ、くしゃみは半端ないわで・・。



もう・・・消えてなくなってしまえばいいのに。。(泣)




みなさん、春だけじゃないんですよ、花粉は。

どーする!?当日workshop!?

こんにちわ。兼森です。カネモリですよ。

タイトルに書いているように
松下家にお邪魔して当日workshopについて話し合ってたので、そのことを少々・・・

みんなで「携帯のマナーモードの響き選手権大会」をしました!!笑

いやいや、もしろん真面目に当日workshopについて話し合いましたよ!!
20:00集合で徐々に人数が増えて最終的に7人集まってどんな内容が、どんな構成でやっていくか・・・。何が目的なのか、何が必要なのか・・・。そんなことを考え、議論しあってました。

しかし、徐々に頭が回らなくなってしまい・・・

そんでそこで

INFORBAR2が机の上でどくどくなモーター音がなり響き、なりゆきで・・・ね。


とりあえず、今回の話し合いで、時間軸を4~5コのブロックに段階おって進めるAパターン、今までworkshopの流れに小イベントを2~3コ入れるBパターンの2つの構成のパターンの案がでました。
次回の話し合いはその大テーマと細かい内容をさらに詰めていきたいと思います。

これからも、workshopがいいものになるよう頑張りたと思うのでよろしくお願いします◎


制作/兼森

今出→今田→眉毛→黄金比→

こんにちわ。日曜日っていいですね


僕は今出であって、今田、今井出、今井、ではないんです

中には「今出です。」と言うと、「え?眉毛?」
意味がわかりません


さて、何を書こう…


部屋にある本の縦横の長さを測ってみました。縦264㎜、横157㎜!
比が157:264≒1:1.6815

黄金比になるだろうか!?と思った挑戦、惜しかったですね。1:1.618らしいですよ
ちょっと美しくない、本ですね。


さて、これからWSは各班進め方に色が出てくると思いますが、
どの班も楽しくやれたらいいですね。絵描いたり模型作ったり。

楽しくやりましょー!

制作/今出


こんせんと。



今日は親睦会♪
場所は柏のconsent cafe
人数は23人

ついつい学年毎で固まっちゃって…
私たちは『ベレーボー』でしか盛り上がることができなくて…
やたら照明が低くて頭にあたってくるし…
どーなることやらと思いましたが

やっぱりお酒っていうのは偉大みたいで
最後は『いい会だわー』って思える会でしたねー。ね?


それに後輩の顔やら名前やらキャラも…
同級生のプライベートも…
知ることができましたしね。ね?


親睦♪親睦♪


さてさて。

何話そうか。
もう下ネタは話しません。

会計の仕事。
あっきーが頼りです。爆
いや、私も頑張ります。

みんな出費が激しい中
「自ら参加しているんだ」という意識がすごく伝わってくるような潔さで
私たちにお金を渡してくれます。

素敵!!

これからも素敵なworkshop運営のために…


please,money!!





会計 アメ横 こと 宗像でした。

フライヤー制作秘話。

昨日はお疲れ様でした!!!
どうもこんにちは、広報の長屋です。

9月の24、25日にワークショップの宣伝のためにこのようなフライヤー↓と紹介ムービーを持って皆さんの教室へ乗り込んでいったわけですが、今日はこのフライヤーを作っていたときのお話をしたいと思います。
                            
                             フライヤー

だらだらと続きます。

続きを読む

本屋も文化施設だぁ!

今日もお疲れさまー
少しの間、当日WSの企画担当になっちゃったまつしたです。


今日は予てから面白いと思いつつ、なかなか議論としてなされてこなかった
「本屋」について少し書いてみたいと思います。
もちろん、これは当日WSの企画の伏線になることを期待してます(~A~)


本と建築のわかりやすい関係に、両者を繋ぐリアルな空間として、
本屋・図書館があります。古谷さんは図書館は「人と本が出会う場所だけでなく、
人と人が出会う場所である。」ってなことをどっかで言ってました。
実際古谷さんの仙台メディアテーク案、小布施図書館案のベースはそこにあります。


そんな文化施設としての図書館は、もちろん沢山の可能性があるのだけど、
建築的にある程度解答されていて、それゆえ、軽くちょかいだしずらい部分もあります。


で、ここで本屋さんです。図書館と違い、商売が基本なわけですが、
規模も小さく、それ故経営者の嗜好によった個性豊かな空間が存在し、
縛りも緩く、料理しやすいのかなっと思ってます。


もちろん、じゃあ実際料理して何を作るのかっていう話はあるのだけど、
ステキな材料であることは確かです。以下にその一例を載っけます。


shibuya publishing ユトレヒト Rainy Day Bookstore  Cafe


左)SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS http://www.shibuyabooks.net/
中村拓志設計。本のセレクトはBACH。 http://www.bach-inc.com/book246.html

中)ユトレヒト 予約制の本屋さんです。http://www.utrecht.jp/index.php

下)Rainy Day Bookstore & Cafe http://www.switch-pub.co.jp/topics/rainy_day_070507.html
雑誌編集部の小社直営のブックストア&カフェ。


他にもわかりやすい例で、ビレバンとか青山ブックセンターとか。
これらの新しい本屋が、本の立ち位置を思考する格好の材料になるし、
またその空間も本が生き生きしてます。
あと、前も出たけどブックオフ、TSUTAYAとかも逆にいいね。


ってことで本屋、面白いです。ホームページ見てみてねー



交渉/まつした
 

Byひげ

好きな異性のタイプは、階段を綺麗に降りられる人。もしくは二次元。

副代表の草間です。

WORKSHOP2008も4回目を終えましたね。
・・・と、ここまで書いてタイピングが止まってしまいました。
俺オワタwww

今までこのブログを書いていた人達の文章力に少しネガティブな羨望を抱きつつ、特に報告することも見当たらないので、本の紹介をしたいと思います。

著:三浦俊彦
「論理パラドクス~論証力を磨く99問~」

半強制的に考えさせられる本。
哲学・論理学・数学・社会科学における名うての哲学的問題を集めてあり、それを論理的に正々堂々と解ききることの快楽に目覚められます。
インドアにテンションを揚げたい人にオススメ。

まぁ、俺のつたない紹介を聞くより、一度、体験してみるほうが良いと思う。
というわけで、ここでパズル(正解が1つだけに決まる問題)を2問ほど出題。


問1:「嘘つきのパラドクス」
 あるクレタ人が言った次の文はウソかホントか、判定して下さい。
  「すべてのクレタ人はウソしか言わない。」


問2:「必ず正解の出る質問」
 悪魔があなたに言った。
「これから質問を1つ考えろ。
イエス・ノーで答えられる質問だ。
そして、街中に出て、100人にその質問をして、イエス・ノーで答えてもらえ。
1人でも不正解者がいたら、お前を地獄に落とす。」
さて、地獄に落とされたくないあなたは、どういう質問をすればこの窮地を切り抜けられるだろうか。


 上のようなものから、より難易度の高いものまで様々な問題が紹介されているので、興味が湧いたら読んでみて下さい。因みに上記2問の解答は、いつかこのブログに載せようと思います。
まぁ、俺に直接聞いてもらっても良いですし。

あと、今後もたまにビデオまわして、父性をやんわりと主張していくので、気が向いたら絡んであげて下さい。

また、このブログの所々に、おそらく不適切な発言があっただろうことをお詫び致します。

以上。

Byひげ

わーきんぐしょっぴんぐ

ついにテーマが決まりました。
テーマのタイトルや内容に関しては、まだまだ話し合いが必要そうですね。
正直、曖昧な点が多々あるので、制作以外のひとからも意見ほしいです。
とはいえ、無事にグループ分けが終わったので
これから順調に進んでいくことを期待です。
けっこう日程的にしんどいですがみなさんがんばりましょう。


せっかくなので本の紹介しまーす。
ぼくの尊敬する、姜 尚中(カン サンジュン)さんが書いた本です。
べつに読まなくていいです。
でも彼の話し方や思想はすげーと思います。まじでひきこまれる。
名前だけ覚えてー。

「悩む力」

情報ネットワークや市場経済圏の拡大にともなう猛烈な変化に対して、多くの人々がストレスを感じている。格差は広がり、自殺者も増加の一途を辿る中、自己肯定もできず、楽観的にもなれず、スピリチュアルな世界にも逃げ込めない人たちは、どう生きれば良いのだろうか?本書では、こうした苦しみを百年前に直視した夏目漱石とマックス・ウェーバーをヒントに、最後まで「悩み」を手放すことなく真の強さを掴み取る生き方を提唱する。現代を代表する政治学者の学識と経験が生んだ珠玉の一冊。生まじめで不器用な心に宿る無限の可能性とは。


体験型講座

ワークショップ とは日本では「体験型講座」を指すらしいです。
みんなどんな体験を期待してワークショップに参加しますか?
ぼくは後輩や他大生や招待講師の方と接するきっかけとして、このワークショップに期待しています。
人それぞれあると思いますが、きっと何をしに来ているかをはっきり意識した方が楽しめると思います。


あと、前にも書きましたが、五十嵐太郎さんの新しい書籍「建築と音楽」について「建築と本」と比べて参考になるものがある気がします。

内容説明文

『「建築とは凍れる音楽である」この言葉は何を意味しているのだろうか? 本書では必ずしも正面から取り上げるわけではない。あまりにも強引な関連付けはむしろ危険ですらある。音楽と建築をつなぐ議論では、もともと異なる対象を共通の場所に置くために、どこか似ているところを発見しなければならない。そこで思考の跳躍が要請される。つまり、アナロジー(類比)の思考が両者をつなぐのだ。文学的・象徴的・構造的にさまざまなレベルを設定しうるだろう。』


気になった人買ってみてーー


竹内

タイトルなし

10/4(11:00)~5(17:00)
Archi-TVというワークショップに参加して参りました!

ちゃんと宣伝して来ましたよ~笑
いや~楽しかった!そして色々な人に出会えて良かった◎

理科大ワークショップもそういうモノでありたい。
そぅ素直に思える1日でした。

ん~最近と言えば、ワークショップ・小学校課題・外構(設計演習)
…という感じでおそらく大学生活の中で最もハードなスケジュールなのでは??笑

1ヶ月後はどんな顔してるんだろ~。。
まぁやるしかないよね(^-^)

バイバイ~◎

代表/かりぶ~

しりょー

交渉のまつしたです。


「本」をテーマに掲げ、建築との観点からクリエーションを行ってる
2008年workshopなわけですが、始まってもう2週間が経ちました。
はやーい。皆さんお疲れ~

で、竹ちゃんから紹介してもらった10+138号「建築と書物」に
よい文章があったので抜粋しときます。ちょいと読んでみてください。
因みにこの本は理科大の図書館にあるんでよかったら借りてみて。



書物と建築のあいだに

文字はコードの羅列でもなければ、ベジェ曲線によってつくられた閉領域でもない。
写真は、ピクセルの行列でもなければ、R/G/Bの発行の割合でもない。
それらは、紙という微細な繊維の束と、
そこに鉄のローラーによって塗り込められた顔料の分布である。
それらはにじみ、かすれ、たわみ、折れ、匂いを発し、音を立て、不意に光り、風を起こす。
それは、重さを持ち、退色し、変質し、カビを纏う。

インターネットやDVDの時代においても私達はなぜ書物を捨てないのか。
それには上記のような制御から逃げていく偶然の振る舞いが関係しているのではないか。

(省略)

ここに紹介するのは ~ 物質の偶然のきらめきが封じ込められた、
建築/都市に関する書物郡である。


workshopって

workshopが2回終わった日曜日ですね♫

なんか、先週はとうとう始まった!!わーーーっ!!
......と過ぎて仕舞いましたが、蓋を開ければ
割りと充実した内容となった様に思います。

広報も齧っているのでヒデちゃん隊長の下
コソコソと他校に貼るポスターの原案を
作ったりして過ごしました。←最近完全にインドア。

ところで私事なんですが、昨日頭いたいなーっと思ったらなんと
熱が38℃!!エスタックイブを飲んで寝たら13時間の暴睡記録
を作りました☆そのおかげで起きたらスッキリ爽快♫
よかった...悪化しなくて。

皆、好いworkshopにする為に一所懸命で、素敵に
ガツガツ動いてますよね!特に企画メンバーの努力には
健気で涙が出てしまいます...
これからもっとカツカツに成りますが、
私も全力でバックアップしていきたいなあ。。。

以上!!向井でした。

workshop第2回目過ぎ去って…

どーも。
昨日は諸事情で完全に死んでいたいーまんです。
おおたかの森駅で3時間瞑想してました。
家帰れたのが奇跡です。

まずは日記遅れてゴメンナサイ。

そしてー
第2回目のワークショップが終わりました。
ちょこっと持って来てくれた本の話をしーの
ウチの班ではもう作りたいものをポンポン出していきました。

なんだかんだ言って一年生も頑張ってアイデア出してくれました。

AKIRAの世界作りてー
とか
エヴァの第3新東京市作りてー
とかまぁ楽しそうな意見じゃないですか。

そんなまぁマンガの世界をつくるのも面白そうですね。
まだ実写されてないもの方が興味はありますねぇ。

そういう意見ありーの結果盛りだくさんな意見に。
一年生も模造紙に文章と絵で熱い想いをかいてくれました。

ある2年生は模範解答を超える案を出そうと頑張ってくれました。


さてさて他の班はどんな意見が出たのやら。
先日出た案の中から月曜日朝からまとめます。
班の構成等しっかり作成しときます。
一、二年生が好きなものをつくれる環境にしてあげたいですね。

決めるんです。
朝早いです。
遅刻しないんです。


月曜日は長くなりそうだ…

制作/今本

10月3日の企画会議

10月3日のワークショップの後に行われた企画会議の議事録です。

続きを読む

ワッショイ二日目

おつかれさまです★ イベントの しゅう です!
いろいろデコりながら書いたら結構読みにくくなってしまいました。
嫌がらずに最後まで読んでくださいね。

今日はWorkShop2日目でした。
参加者は2分の1くらいになりましたが、きっとみんな用事で来れなかったんだと思います。
今日来れなかった人も来週は来てね~♪  ね!

で、今日の内容ですが、
イベント班の活動について触れてみたいと思います。
あまり1年生2年生とは触れ合う機会が無いので何もしてないように見えるかもしれませんが、
着々と女3人で仕事をしています。
具体的に仕事を挙げると、

・親睦会
・Short Work Shop
・当日 Work Shop での Night Party
・コンドル祭
・打ち上げ

などがあります。

今日は10月11日(土)に行われる親睦会と、
10月18日(土)に行われる予定のShort Work Shopについて話し合いをしました。

まず親睦会ですが、場所は柏にあるコンセントというCafeで行われます。
一人当たり2500円食事&飲み放題が付きます。
学生ですし、出費は苦しいと思いますが思い出はプライスレスなので是非参加して交流してください♪

次にShort Work Shop(SWS)ですが、数時間の短い時間でWork Shopをします。
今回のSWSは本をテーマにしたディベートをします。
お題についてはまだ触れませんが、あえて言うなら建築とはまったく関係の無い題です。
普段のWork Shopの中では語りきれない思いをココで是非ぶつけてください。

皆さんはディベートをしたことがありますか?
海外では盛んに行われていることですが、簡単に言うとディベートとは
『あるテーマをめぐって賛成派と反対派とが自分達の意見を戦わせ、
どちらがより説得力があるかを競う言論ゲーム』

です。
なので、ゲーム感覚で参加して欲しいと思っています。
ディベートを行うことで、自分の考えを知ると同時に相手の考えも知る事ができ、
プレゼン能力を磨くいい練習にもなります。
プレゼンが必須な建築学生として、この機会に是非ディベートを経験してみてください。
たくさんの方の参加をお待ちしています。
詳しい内容などはそのうちにちゃんとした場でお知らせしますのでもうしばらくお待ち下さい。

日記というより告知になってしまいましたので一つ。

今日、3年生だけで鍋パーティがありましたが
実家通いのため、参加できませんでした。
なので柏にて後輩を呼びつけ、WS参加2年2名+ワタシ+まちゃ(イベント)で軽く飲みました。
楽しかったです。
他の後輩ともこれから絡んでいけたらいいなと思っています。

みなさんよろしくね~♪

ではでは、この辺で失礼します。..._〆(゚▽゚*)

嵐の前の・・・

どーも、こんばんは○

昨夜のworkshopはどれくらい人が来てくれるのか不安もあったけれど、
多くの人が来てくれて、そこそこみんな話せて、成功と言える初日だったのではないでしょうか!?


さて、今日は会計の2人で、初めて今後の予算について、進路について(?)かる~く話しました!


みんなで良いモノをつくるためには、まず良い環境づくりが大切だと思います!
材料や飲食物とか備品とかその他諸々。。。お金がかかります(((^^;


なので、参加費として
1,2年生からは\3000
3年生もとりあえず一人\3000集めたいと思います!


再来週くらいには製作がスタートするかもしれないんで、なるべく早めにお願いしますm(_ _)m

あとworkshop関連で何かを買った人はちゃんとレシートもしくは領収書をもらってきて下さい!
それに名前を書いて、会計に渡してくれれば、もちろんその分払います!


そろそろ学校の課題が始まって、みんな忙しくなると思うけど、メリハリ良くがんばりましょ~○

明日は大切な案出しの日。。。1,2年生から良い案がポンポン出るのを期待します♪


会計兼製作/秋山

PageTopNext>>

プロフィール

tusworkshop

Author:tusworkshop
2008年度東京理科大学建築学科
TUSA WORKSHOP

最新記事
最新コメント
カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
music

検索フォーム

時計(ブラック)
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。